FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

玉葱ハンター

Author:玉葱ハンター
・H4年生まれ、秋田県出身。

・手描きイラストは素人の独学でどのレベルまで上達できるかを研究中。
・小説は推理モノのみを読む。
寂しがり屋&テレ屋ですので、宜しければどんどん話しかけて下さい!


・メールアドレス holy.horus◎gmail.com (◎を@に変換)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.エデン

 視界に入ったのは、青と赤が激しく混濁した、強烈な色彩の空。群青色の地面と、寂しげに葉を茂らせた、一本の広葉樹だった。窓の向こうに見える景色である。
 自分が立っているのは室内だった。窓際には林檎の様な果実が乗った、皿が一つ。
 そして私の足元には、一人の女性。
 衣服を一切身に着けていない、あられもない姿である。窓際の壁に張り付くようにして屈み込んでいる。
「おはよう」
 女性が、口を利いた。
「私の事、分かる?」
「……知らない。誰だ?」
「やっぱり、分からないんだね……。別に、もういいけど」
壁02
「それ、食べないでね」
 女性が、窓際の林檎を顎で指し示す。
「君は誰なんだ? ここは、何処なんだ?」
「答えたくない。何度言っても、覚えてくれないんだもん」
「えっ?」
「私は、あなたの事知ってるよ。──サラリーマンってやつなんでしょ? いつも同じ場所にいて、いつも同じ格好。朝から夜までずっと動き続ける生き物で、周りにいる人と何もかも同じ様に振る舞わなきゃいけない。違う?」
 私は、思わず閉口してしまった。
 もしも私が名前を名乗らずに自己紹介するとしたなら、今の彼女の様なセリフを溜息混じりに吐くだろう。そう思ったからである。
「あなた、最初からずっとここにいれば良かったのに。何度出て行っても、必ず戻って来ちゃうんだから。面倒でしょ?」
「言ってる意味が分からないな」
 そう言いながら、私は部屋の出口を探す。だが、外へ通じているのは目の前の窓しかなかった。
 彼女の横を抜けて、窓枠に手を掛ける。
「何処に行くの?」
「勿論、帰るのさ。残ってる仕事があるんだよ。ドアが無いなら、窓から出るしかないだろ」
 私は窓枠に足を掛けると、そのまま跳躍して外へと飛び出す。
 地面の青黒い草を踏みしめつつ、立ち止まらずに歩いた。いつもより、歩調が速い。多分、気のせいではないのだろう。
 不意に、後ろ髪を引かれる様な感覚に襲われ、後方を振り返る。じっとこちらを見つめている、女性の姿があった。
 私は何も見なかったように装い、前を向いて歩き続けた。


「おかえり」
 窓から室内に踏み込んだ私に、女性が掛けた第一声がそれだった。
「帰れなかったでしょ。随分と歩いたみたいだけど」
「──どうなってるんだ、ここは。何処まで歩いても全く景色が変わらない。前に進んでも、左右に曲がっても、必ず目の前にこの場所とあの木が一本見えるだけだった」
「そうだよ。私、必ず戻って来ちゃうって言ったでしょ?」
「言われたからって、普通、信じられるか」
 歩き疲れた私は、窓際に背中を預け、そのまま崩れ落ちるように床に座り込んだ。
 女性が、私の真横に座る。互いの肩が、ぴったりと触れ合う。私に裸体を晒す事に羞恥心など無い、といった様子だった。
「歩くの、もう飽きたでしょ。──ここにいてよ」
「ああ、少し休ませてもらうよ」
「少しじゃなく、ずっといて。私を一人にしないで。──どうせ何度やっても同じ結果になるんだから」
 女性は私に腕を絡める。彼女の淡い体温が、徐々に服の下へ浸透するような、何とも言えない柔らかさを感じた。このまま、少しの間こうしていようと思った。
 やがて私は、窓際に置かれたあれの存在を思い出す。
 何かに突き動かされるように、私は立ち上がった。女性は、急な私の動きに即応出来ず、体制を崩してしまう。
「それは……!」
 女性が瞠目する。
 私は、窓際に置かれた皿から、林檎を掴み上げていた。
「駄目。食べないで!」
 ひどく取り乱している女性。私は、予想外の反応に驚いた。
 この奇妙な世界は、何もかもが未知数である。この小さな果実を食べる事で、現状を一変させる程の何かをもたらす効果があるとしても、不思議は無いのだ。
 彼女の豹変振りには、間違いなく何かがある。
「止めて! きゃっ!」
 何とか止めようとしがみ付く女性の顔を、私は乱暴に壁へ押し付ける。動きを封じられてもなお、女性は必至にもがき続けた。
 私は、林檎にかぶり付く。
「あ──」
 林檎を口に含んだ、その刹那。
 突如、私を強烈な頭痛が襲った。平衡感覚が失われ、とても立っていられない。
 私は、目を閉じた。



「おはよう」

「私の事、分かる?」
「……知らない。誰だ?」



*うおお。これが今月初の更新だったっ。
いやあ、最近はすっかり寒くなりましたねえ。皆さん、風邪とか引いてませんか?

あ、僕は大丈夫です。寒さにはめっぽう強い秋田県民ですので、いまだにパンツ&シャツで寝ていますよ。



スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

FC2カウンター
アルバム
Twitter
リンク
当ブログはリンクフリーです。 気に入られた方は、是非リンクお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。