FC2ブログ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

玉葱ハンター

Author:玉葱ハンター
・H4年生まれ、秋田県出身。

・手描きイラストは素人の独学でどのレベルまで上達できるかを研究中。
・小説は推理モノのみを読む。
寂しがり屋&テレ屋ですので、宜しければどんどん話しかけて下さい!


・メールアドレス holy.horus◎gmail.com (◎を@に変換)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お遊び絵、しゃらくせえ写楽

珍しく、一日に2枚目。
そして僕の顔は、3枚目。ほっとけ。

ちょっと遊んじゃいましたよ。
東洲斎者楽の『三代目大谷鬼次の江戸兵衛』という絵が、これの元ネタです。有名ですよね。




浮世絵っていまだに洋の東西を問わず、人気が高いんですよ。ちょっとした版画でも、近代の復刻版みたいな紛い物でもない限り100万円するのとかザラですから。



東洲斎写楽は、謎が多い事で有名です。


活動期間が約10ヶ月と短かった事。作風の変化が激しく、4段階に分けてどんどんヘタクソになっていった事。売れる見込みのなさそうな無名の役者の絵をたくさん描いた事。──謎だらけっすね。

写楽の正体は、徳島県の能役者・斉藤十郎兵衛という人らしいですけど、これも最有力の説であるってだけで確定ではないんですって。


どうした? 急に歴史の講釈かい? ここって歴史をテーマにしたブログだったっけ?
本当に、何でもアリですよね~。




スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

FC2カウンター
アルバム
Twitter
リンク
当ブログはリンクフリーです。 気に入られた方は、是非リンクお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。